多摩川花火大会

多摩川花火大会Fireworks2011

多摩川の花火大会にいってきました。

例年夏に行われている花火大会、今年は震災の影響で10月1日に開催されたのです。
毎年多摩川を挟んで、世田谷と川崎で同時に花火を打ち上げているらしいけど、今年は川崎だけだったみたい。

それでも人はたくさんいて、最寄り駅の二子玉川/二子新地(何度みても「ふたご」と読んでしまう僕は病気なのでしょうか)から川原にかけての道は大混雑でした。
やっぱりみんな花火はいつでも見たいのね。

よくよく考えれば、花火の真下にいったのは始めてかもしれない。
すくなくとも記憶の上では花火をこうも間近にみたのは始めてだったかな。

意外と迫力あるものなのね。
銀河みたいな感じの花火もあってたのしかったよ。

おなかいっぱい。
10月のくせに夏の風物詩といっていいのかわからないけど、たくさんのひとが一心に空にうち上がる火花を見つめて、「すげぇ」とか「やべぇ」とか感嘆の声があちこちから聞こえてくるあの雰囲気は嫌いじゃないです。

難点をあげるとすれば、首が疲れたのと、花火の塵が目に入ってひたすら痛かったっていう。
何かイヤな予感はしていたんだ。塵がちらちら周り落ちてたのみたし。案の定ってやつ。勘弁してよ。

そしてわりと涼しめな格好をして挑んだのだけれどやっぱり10月はさむかった。
寒さに少しばかり震えつつ見上げる花火も、きっと人生でそう多くはないはず。と適当な理由をつけて我慢してました。寒い寒い。

もうこりごりだ。次は、スタンダードに夏でいいです。

来年夏、かなぁ。


「日記」カテゴリ関連の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑