演劇

いま、ふたたび〈変身〉し目醒めるグレゴール・ザムザ(たち)

いま、ふたたび〈変身〉し目醒めるグレゴール・ザムザ(たち)

平田オリザ作・演出『変身 アンドロイド版』早稲田小劇場どらま館のこけら落とし公演を観劇の後、つづけて「すばる」5月号に収録されている多和田葉子の新訳『変身(かわりみ)』を読んだ。いま、ふたたび寝台で〈変身〉して目醒めるグレゴール・ザムザ(たち)。 — 井上 および 旅行用バッグ (@ry_i) 11 Mai 2015 わたしが『変身』をはじめて読んだのは、高校2年生のときだったと記憶している。それからいちど大学に入ってから再読した。たしかどちらも新潮文庫だった気がするので、おそらく訳者は高橋義孝だろう。調べてみると、どうやらすでにすくなくとも9つもの『変身』の邦訳が世に送り出されて…

PAGE TOP ↑