音楽

吉田美奈子 THE TRIO(2016年夏, 新宿PIT INNにて)

吉田美奈子 THE TRIO(2016年夏, 新宿PIT INNにて)

新宿ピットインに吉田美奈子 THE TRIOを友人と聴きにいった。2 DAYS 公演の1日め。この日がはじめて吉田美奈子を生で聴く機会になった ―― 彼女の書いた曲のうちでいくつか好きなものはあるが、もともと熱心なリスナーではなかったので、今回たまたま友人に誘われることがなければ、このまま彼女のコンサートを観にいくことはなかったかもしれない。去年の末に新宿文化センターで開催されたピットイン50周年フェスティバル、2日めに出ていた渋谷毅オーケストラ with 吉田美奈子 をはじめとするラインナップに惹かれながらも、さんざん逡巡したあげく、1日めのほうを観にいっていたし(幻の山下洋輔トリオの再結成…

Rodrigo Amarante、リスボンですれ違った「異邦人」たち

Rodrigo Amarante、リスボンですれ違った「異邦人」たち

彼の名前を知ったのは、ほんの数ヶ月前のことだった。ラテンアメリカ、とりわけブラジル音楽に興味を持ち始めて、その流れでいろいろ聴いた。僕はこれまでどこか異国の音楽を能動的かつ体系的に掘り下げるという行為をほとんどしたことがなく、僅かばかりの音楽的教養はすべて友人などの受け売りだったので、こうして自発的にひとつの土地の音楽に関するあれこれをネットで読んだり人に訊いたりしながら掘っていくのはわりと新鮮な体験ですごく楽しいんなっていまさらながらに気付いた。 なによりもブラジル音楽がすごくよかったのが大きい。もともとボサノヴァが好きで、アントニオ・カルロス・ジョビンなんかを昔からけっこう聴いていたことも…

ロンドンまで、The High Llamasを聴きに

ロンドンまで、The High Llamasを聴きに

Northern Lineに乗り込んで、Angelという駅で降りる。太陽はすでに傾いていて、道沿いに律儀に並ぶ煉瓦造りの建築群を控えめに照らしている。5月のロンドンは、まだ寒い。もうすこし暖かいと思っていたんだけどな、と内心呟きつつ上着を着込んで、高揚した気持ちを抑えきれず、いつもより早足で目的地へ向った。The Islington、The High Llamasの音楽を聴きに。 ロンドンに赴くことを決めたのは、まずはThe High Llamasのライブがひらかれると知ったからだ。数年前に彼らの存在を知って以来、ここ数年でいちばん聴き込んだアーティストだと思う。The Beach Boysも…

高円寺ガード下ではもう鳴ることはない音楽

高円寺ガード下ではもう鳴ることはない音楽

訃報を知ったのは、1週間ほど前だった。彼は音楽家だった。2年半くらい前に初めて会ってから、たぶん数えるほどしか会ったことがない。だからあとのことは、正直あまりよく知らない。ただ音楽家であることだけはよく知っている。そんなひとの訃報を前に、筆を取ること自体が相応しいのかわからない。何かを言う権利があるのかわからない。向き合いかたがわからない。1週間前の日記の文章はぐちゃぐちゃで目も当てられない。 一度、高円寺のガード下で共演したことがある。いったいいつから、これまで幾度そうして彼は路上で音楽を鳴らしたのか僕は知らない。彼は不器用な生活をしていて、そうして時おり銭を稼いで日々生きていたことだけ、何…

YHMF2011、準グランプリとやらを頂きした

YHMF2011、準グランプリとやらを頂きした

今更もいいところなんですが、 YOKOHAMA HIGHSCHOOL MUSIC FESTIVALというおバンドのお大会の決勝にに私のおバンドのBlanc-Becが、今年も出させて頂きました。   去年は横浜アリーナであまりの照明の眩しさと会場のバカでかさのせいでよくわからないまま終わったんですが、今年は渋谷O-EASTという箱で。 大きい箱です。キャパ1300人だっけな。 スカスカなんじゃないかとちょっと危惧してたんですが、お客さんいっぱい来てくれたようで何より。 知り合いもウジャウジャ涌いてました。 表現があまりよくないね。ごめん。でもウジャウジャ涌いてました。ステージからもよく…

PAGE TOP ↑