順当に大学2年生になりました

もうそれ以外言いようがないってくらいに、なんだか順当に大学2年生になってしまった。順当っていうのはまさにそのままの意味合で、大学に入学し1年という時間経過の末に、1年生という肩書きを失い、2年生になっていたとか何とか。振り返るべきものごとはたくさんあるような気もするし、べつにそんなに振り返る必要なんてないんじゃないとも思う。あえて一言述べるとするならば、1年前の自分、相当ひねくれていたイヤな奴だったなあというくらい。『どうやらもう大学生になってしまったらしい』、この1年前の記事(すくなくともその当時の等身大であったことはまちがいない)をある程度俯瞰的に見れていたりするのでそれは成長と呼べるので…

PAGE TOP ↑