Chat noir et blanc volé d’une fenêtre de l’immeuble.

Chat noir et blanc volé d’une fenêtre de l’immeuble.

窓はパリの空にひらかれていた。夏の終わりを控えめに告げる九月の風が、開け放たれた窓から七階のアパルトマンの一室へと吹き込んでいる。白黒の毛に覆われた猫は、その窓にゆっくりと吸い込まれてゆくようにして、おそるおそる窓が切り取っている風景に近づいてゆく。その小さな躯体が風を受けたとき、猫は意を決して、空への大きな飛翔を試みる―――ほんの数秒後、はるか下方の石畳に無残にうち叩かれているとはいざ知らず。   ♢   わたしはその週末、パリの知人のアパルトマンにいた。休日のあいだ、家主である知人は、ガールフレンドとともに旅行に出かけていたのだが、彼の好意にあやかって、わたしは彼らの不…

PAGE TOP ↑